介護の仕事を選択

転職の情報収集から活用できる お薦めの介護系転職エージェント

2021年12月31日

介護のお仕事を頑張ってチャレンジしているあなた。

介護現場の重労働な仕事だけではなく、勤務先の人間関係の気遣いなど、毎日疲れますよね。

そんな時、こんな思いはありませんか?

介護の仕事を続けることはいいんだけど、今の状況を変えたい。

勤務体系を変えて、もっと、生活と介護の仕事のバランスを良く保ちたい。

もっと合いそうな勤務先を探したい。探すためには、何をどうしたら?誰に相談したら?

今の仕事を続けながら転職先を探したい。

私も、都内のとある特別養護老人ホーム(特養)の介護現場の仕事経験から、もっと合う勤務先を探したいという思い、よく解ります。

他業種から新しく介護の仕事にチャレンジしたい方もいるんじゃない?

私も、他業種から介護職に転職しました

転職して新しい勤務先、どこでも良いということはないですよね。

そんな時には、介護職への転職を支援してくれる転職エージェントを活用してみてはいかがでしょうか。

このページでは、

介護職のお薦めな転職エージェント

転職エージェント?活用したらどんな悩みを解消してくれるの?

について、紹介していきます。

介護の仕事とプライベートの生活のバランス、より良いワークライフバランスを保った生活ができるようになる

転職して良かったと思えるように、より良い生活にチャレンジするために

という生活が得られますよ。

1,介護職関連のおすすめ転職エージェント

転職先を紹介してくれたりなど、転職に関するサービスをしてくれる会社、転職エージェント。

もちろん、介護関連のお仕事を扱っている転職エージェントも数多くあります。

数多くの転職エージェントがあって、それぞれ独自性を打ち出していて、活用する際にはそれぞれに一長一短があります。

欠点があるからといって登録しない、活用候補から外すというのではなく。

それぞれの欠点を補うように複数の転職エージェントに登録をして、活用してみることがおすすめです。

根拠に基づいた、しっかりした情報を集める機会を拡げることにもつながりますから。

例えば、下記の転職エージェントを活用してみてはいかがでしょうか。

クリックジョブ介護

クリックジョブ介護の特徴は、下記のとおりです。

クリックジョブ介護の一言特徴

求人サイトや求人票など文字情報だけ見ても把握できない、介護現場の雰囲気やどんな人がいるかなど、現場の生の情報を得やすい

詳しくは、クリックジョブ介護 求人数と現場の情報量が充実した就転職支援のページで紹介しています。

こちらもあわせてご覧になってくださいね。

(紹介内容)

扱っている求人数がとても多い

情報が集まってくる土壌がある

クリックジョブ介護、おすすめな人はこんな人

しろくま介護ナビ

しろくま介護ナビの特徴は、下記のとおりです。

しろくま介護ナビの一言特徴

募集企業に対して、自らの基準をもとに独自に調査して、「労働環境の改善に積極的に取り組んでいる転職先の求人だけ」を厳選して紹介してくれる

詳しくは、しろくま介護ナビ 提供される求人情報の根拠がしっかりしているのページで紹介しています。

こちらもあわせてご覧になってくださいね。

(紹介内容)

より厳選された「ホワイトな求人」を紹介してくれる

提供される情報の信頼度が高い

しろくま介護ナビ、おすすめな人はこんな人

クラウドケア

クラウドケアの特徴は、下記のとおりです。

タイトル

介護や家事・生活支援で、あなたの都合や生活環境に合わせながら、空き時間を活用した柔軟な働き方・求人を紹介してくれる

詳しくは、クラウドケア 本業・常勤以外に介護や生活支援の副業ができるのページ、クラウドケア すきま時間で介護や家事・生活支援の副業をしようのページで紹介しています。

こちらもあわせてご覧になってくださいね。

(紹介内容)

介護、家事・生活支援のシェアリング・マッチングサービス

すき間時間で介護、家事・生活支援の副業をしよう

クラウドケア、おすすめな人はこんな人

2.転職エージェントを活用してみたらどうなる?

転職が珍しくなくなってきて、転職していろんな視点などを賄うことが当たり前、という風潮になってきていますよね。

そうはいっても、もちろん、「 初めて転職します」という方もいらっしゃいますよね。

そんな時に、こんな思いはありませんか?

初めて転職をしようかなと思っています

転職エージェント、活用する方がいいの?

無料で活用できるの?

どんな支援をしてくれるの?支援の範囲や活用の流れはあるの?

公開求人?非公開求人?

メリット。こんな人は活用しよう

介護関連の職種も含めて、転職エージェントを活用する方がおすすめですよ

ここからはを紹介していきます。

転職エージェント、無料で活用できます

一般的に、転職支援エージェントに相談したり、転職候補先を紹介してもらったり、転職先が決まっても決まらなくても、あなたは無料で活用できます。

転職支援エージェントのサービルを活用する期間にもよりません。

転職先を探している個人は、転職エージェントにお金を払う必要がありません。

私も多くの転職エージェントを活用しましたが、全て無料でした

転職エージェント会社、それでやっていけるの?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、あなたの転職先の企業・法人がお金を払います。

例えば、あなたの年収の数ヶ月分を支払います。

無料ですから、まずは気軽に「 転職するかどうか迷っていて、まずは情報を集めたい」という段階でも、試しに登録してみてはいかがでしょうか。

介護の仕事のタイムリーな転職状況なども知ることができますよ。

情報を集めるだけなら、インターネット上で自分でも集められるんじゃない?

転職エージェント会社の強み、経験を活かして情報を提供してくれるから、タイムリーに根拠のある情報が得られるよ

どんな支援をしてくれるの?活用の流れは?

あなたは今、こんな疑問、思いはありませんか?

転職エージェントを活用したら、

応募や入職の条件交渉など、どんな支援をしてくれるの?

情報収集から応募や入職まで、主にどんな流れになるの?

転職エージェントが支援してくれる内容とその大まかな流れは

登録

電話や面会によるキャリアカウンセリング

合う求人の紹介

応募書類(履歴書や職務経歴書など)の作成と添削

応募

面接対策を経て面接

内定獲得、条件交渉

入職

それぞれを補足していきますね。

電話や面会 キャリアカウンセリング

登録後、最初に、転職エージェントから連絡があって、電話、或いは、面会(Web含む)をして、例えば、

いつ頃までに転職したい?

どんな仕事、働き方をしたい?

転職してどんな希望を叶えたい?

など、インタビューされます。

もちろん、最近の転職動向や応募状況など、あなたが「 転職に関して情報を集めたい」という時には、聞いたら様々教えてくれます。

あなたの現状を踏まえて、「 転職、もう少し後にしては?」という提案も含めて、転職に関して様々アドバイスもしてくれます。

転職すると決めていなくても、担当コンサルタントと話をしているうちに情報が集まってきて、徐々にあなたの方向性が定まっていきます。

担当コンサルタントの良し悪しにもよるけど、まずは話をしてみてはいかがでしょうか?

ただし、この時に注意することが2つあるよ。

(1)言われるがままに応募するのではなく、応募したくない時にはしっかり意思表示しよう。

(2)時々、あなたが知らないうちに勝手に応募してしまう転職エージェントも中にはいるので、「 勝手には応募しないで」と伝えよう。

応募書類の作成と添削

応募書類というのは、履歴書や職務経歴書など。

どういうことを書いたらいいの?書き方があるの?」という時には、教えてくれます。

書いてはみたけど、これでいいのかよくわからない」という時には、添削してくれます。

このサービスも、しっかり活用しましょう。

面接対策を経て面接

面接、どんなことを質問されるの?」という不安もあるでしょうか。

転職エージェントに想定質問を聞いて、回答を書いてみて、「 どう?」と聞いてみることがお薦めです。

面接の練習にも付き合ってくれる転職エージェントもいるので、このサービスも、しっかり活用しましょう。

内定獲得、条件交渉

めでたく内定を獲得できたら。

希望条件(収入や勤務体系、入職時期など)がしっかり満たされるように、転職エージェントにしっかり交渉してもらいましょう。

「転職エージェントを活用して内定が得られたら、必ずそこに入職しないといけない」ということはないよ

「介護 転職 良かった」「介護 転職 感想」「介護 志望動機 転職多い」「介護 転職 怖い」「介護 転職 履歴書 志望動機」「介護 転職 ワークライフバランス」「介護 転職 感想」「介護 転職 当たり前」

公開求人と非公開求人

あなたは今、こんな疑問、思いはありませんか?

転職しようと思っていろいろ調べてみたら、公開求人と非公開求人があるみたい。

どう違うの?

公開求人とは、ホームページなどで広く公開されている求人です。

例えば、募集している企業のホームページや転職エージェントのホームページなどで公開されています。

広く応募されているので、例えば、こんなメリット・デメリットがあります。

転職希望者:簡単に情報を入手できる一方で、競争率が高くなる可能性が高め。

募集企業:多くの母数から選ぶことができる一方、業務量が膨らむ、スピード遅延、将来にわたって社内情報が洩れる危険性が高め。

それぞれに一長一短があるね

非公開求人とは、募集している企業のホームページや転職エージェントのホームページなどで公開されていない求人です。

募集企業は、取引をしている転職エージェントに求人情報を提供し、転職エージェントから「 この人どうですか?」と紹介される流れです。

こうすると、募集企業にとっては、こんなメリットがあります。

選考に係る業務量を抑えることができる

募集から入職の待遇交渉まで転職エージェントが入るので、スピードが上がる

転職エージェントの目が入っているので、より合致した、しっかりした人が応募してくれる

転職エージェントから、良い意味で想定外の経歴の良い人材を紹介してもらえることもある

求人背景を公開していないので、社内事業や将来構想などの情報漏洩のリスクが低い

公開求人、非公開求人それぞれに一長一短があります。

それでも、求人票を書いたり面接もしていた経験上から、募集企業からみると、求人を公開することにさほどのメリットはありません。

転職エージェントを介すとその分予算が必要になりますが、それでも、より条件に合致した人材をより早く獲得できるなどのメリットが勝ります。

応募企業側も、限られたリソース・労力で対応していますから。

それに、転職エージェントを信頼して最低限の一次選考をして頂いている、という考えもあったりします。

もちろん、公開している企業や法人が全てNGというわけではないよ

転職エージェント こんな人は活用してみよう

下記のような思いがあるのでしたら、もちろん介護の仕事の経験者も含めて、転職エージェントを活用してみることがお薦めですよ。

初めての介護業界への転職なので、どんな介護施設・職場・事業者が良いのか、よくわからない、教えてほしい方

今は介護関係の資格は持っていなくても、新しく介護の仕事にチャレンジしたい方

転職するか迷っていて、タイムリーなしっかりした情報を集めたい、詳しいエージェントに相談してみたい方

どんな求人があるのか知りたい方

忙しくて自分で求人を探している時間が無い方

募集している企業がどんな企業か、現場の雰囲気や生の声なども含めて、できるだけ知りたい方

応募書類作成や面接対策、条件交渉など、何かしら支援してほしい方

最初の相談から転職先の決定まで、介護業界に精通した方にしっかり相談にのってほしい、サポートしてほしい方

介護業界の転職に何かしら不安のある方

「介護 転職 良かった」「介護 転職 感想」「介護 志望動機 転職多い」「介護 転職 怖い」「介護 転職 履歴書 志望動機」「介護 転職 ワークライフバランス」「介護 転職 感想」「介護 転職 当たり前」

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます!

-介護の仕事を選択

error: Content is protected !!

© 2022 ぬいぐるみガーデン〜介護〜