老老介護

身近な大切な人に介護が必要になったら~介護? or お仕事?

2019年11月30日


もしもあなたの身近な大切な人に介護が必要になったら?

あなたは働いていて、あなたの両親が老老介護の状態になったら。

或いは、連れ添ってきたあなたのパートナーさんに介護が必要な状況になったら。

特別養護老人ホーム(特養)で働いていたら、利用者さんやご家族から「 気付いたら、いきなりそんな状況になっていた」という話も聞きます。

あなたは、こんな思いや悩みはありませんか?

具体的に介護が始まる/必要になるのは、何歳くらいから?

離れた所に住んでいる両親が老老介護の生活状況に。このまま仕事を続けられる?辞めて介護をした方がいいのかな?

これから一緒に住んでいる大切な人の介護をしないと。今の仕事を続けながら出来る?退職するかどうか誰に相談したら?

介護と仕事の両立に自身ない・・どうしたら?

実際に退職/離職して介護に専念したら、どうなるかな?前もって知っておいた方が良いことはあるの?

介護が理由でも、一回でも退職/離職したら、再就職は難しいの?

等々

身近な大切な人に介護が必要になったら、多くの人が思い悩む介護とお仕事の悩み。

こんな悩みを抱えているあなたに、悩みが少しでも解消に近づくよう、紹介していきます。

このページでは、 介護が始まる/必要になる年齢はどのくらいから?」と、「 介護をすることになったら、介護?それともお仕事?」について。

話のネタは暗いけど、明るく前向きにいきましょう!

あなたが介護に備えるためのポイントを知る、そんなきっかけの一つに。

介護が始まる/必要になるのは何歳くらいから?

介護に備える意味でも、まずは実態を知っておくと、考えやすくなります。

介護を受ける方は、介護が必要になるのは何歳頃から?

介護をする私にとって、何歳頃から介護生活が始まるの?

まずは、 何歳くらいから介護を受けることが多いの?」について。

この一つの目安になるものは、例えば、

要介護者等 *) の構成割合をみると、男性は75歳以上が77.8%、女性は75歳以上が89.6%を占めている。

*) 要支援者、要介護者と認定された方のうち、在宅の方

引用元:2019年 国民生活基礎調査の概況, 厚生労働省, 令和2年7月17日

というデータが発表されています。

「おおよそ75歳を超えてきたら、程度の差こそあれ、介護が必要になってくる可能性が高い」ということを、知っておくことが大切だね

さらに、子供世代にとっては、こんなデータが出ています。

在宅介護を行っている300名のアンケート

在宅介護を始めた年齢の平均:50.9歳

将来、在宅介護をするかもしれないと意識し始めた年齢の平均:48.2歳

思ったよりも自分が若い年齢で在宅介護が始まったと答えた人:61%

引用元:NEWS RELEASE 人生の節目で「親の介護」を意識したタイミングを調査, 大正製薬株式会社, 平成29年5月29日

あなたの家族やパートナーさん、あなたの年齢と比較して、いかがですか?

老老介護や身近な大切な人に介護が必要になったら大変だよね」と思いながらも、

そんなのまだまだ先の話だし、介護なんてしたこともないし、実感がないからよくわからない」

と、普段何かと忙しいこともあって、考えたくないことは先送り先送り。

これ、介護生活になる前のあるあるです。

特養で入居者さんのご家族と話していて、自宅で介護に至る前後の苦労話をよく聞きました。

もしかしたら・・」と、どこかで不安に思っていても、実際にその状況に追い込まれないと実感として解らないもの。

これが良い悪いではなくて。

介護生活に備えるためにも、事前に少しでも現状の知識を持っておくと、備えやすくなるよ

身近な大切な人に介護が必要になったら~介護? or お仕事?

例えば、「 遠く離れた両親が急に倒れた」とか、「 同居している親やパートナーさんに介護が必要な状況になるよ」、と急に聞かされたら。

こんな状況になることを初めて電話やLine、面と向かって聞いた時、あなたが最初に思い悩むことは、

マジで!?今どんな状態なの!?

という、まずは病状や状態を心配する思いがあって。

大切な人の状態を認識できたら、次にあなたが思い悩むことは、

どのくらいの介護が必要になるの!?

それは、これからの私や家族の生活に、直接、どんな影響がどのくらい出てくるの?

という、自身の生活への影響度合いが不安という思い。

もしも自宅で介護をすることになったら。

あなたの仕事や友人関係、趣味など、あなた自身の時間の使い方にも影響が出てくることに。

あなたの機会の損失、自由な時間の損失につながりかねないことにも。

仕事では、仕事に穴は空けられない・・みんなに悪い・・どうしたら・・!?

プライベートでは、やりたいことが出来ない機会が増えていく・・

こんな時に、 私は、このまま仕事を続けられる?辞めて介護に専念した方がいいのかな?」という悩みも出てきます。

この悩みには、第一選択は、

少しでも仕事を続ける状態を維持しよう

これを軸にして、どう生活していくかを考えることがお薦めですよ

もちろん、生活状況に合わせて、転職もOK。

介護のために一切の仕事を退職/離職することは、最後の最後の最後の最終手段で。

あなたが誰かに「仕事を辞めて介護に専念するように言う/お願いする」なんてことも論外。

もしもあなたが、「 そんなことを言われて困ってる」なんて時には、そんな戯言は右から左に受け流そう。

どうも。ムーディ勝山です。寝言は寝てから言おうね」と言い返したらいいよ。(言い方に気をつけて。)

なかには、「 私が自分で希望して大切な人の介護のために退職するんです」と考えて決めている人もいらっしゃるかも。

事情は人それぞれ。強い強い希望・意思があるなら別ですが、大切な人の介護のために一切のお仕事を退職する、ということは、あんまりお薦めではないよ。

というのも、実体験に基づいて実際に介護離職をしたらどうなるかを、介護が理由でも、一回でも退職/離職したら、再就職は難しい?のページで紹介しています。

あわせてご覧になってくださいね。

no image
介護が理由でも、一回でも退職/離職したら、再就職は難しい?

(紹介内容)

介護離職をしたら、企業への再就職は難しい?

もしも

ということで、 このまま仕事を続ける?退職して介護に専念をした方がいいかな?」と思い悩んでいるのでしたら。

生活状況にあわせて、介護をしながら仕事を続ける状態を維持することがお薦めです。

実体験から仕事を続けることがお薦めといっても、介護と仕事の両立、大変だよね。

自信ない・・、ということもあるんじゃない?

介護と仕事を両立させる、かなり大変です。

それでも、両立させるためにいくつか試してみては?ということがあります。

具体的に活用できるサービスも含めて、介護と仕事の両立について、こちらで紹介しています。

あわせて読みたい

次の介護と仕事の両立に自信がない時にお薦め~ご飯の宅配サービスの活用

過ごしやすい住居にしてみよう~介護リフォームをしたら得られる4つのメリット

最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます!

次のページへ>>>介護のために満足に仕事に行けないような時には誰に相談したら?

-老老介護

error: Content is protected !!

© 2022 ぬいぐるみガーデン〜介護〜