老老介護

老老介護にならない2つの簡単な予防や転倒防止策~先人から学ぼう

2019年11月19日


将来、もしかしたら老老介護になってしまうかもと、なんとなくでも不安のあるあなた。

あなたや大切な家族、パートナーさんがそんな生活にならないように、「 今から簡単に、お手軽にできる予防や対策、何かないかな」と思っているなら。

「老老介護にならない100%の方法」はないよ。
それでも、先人のデータから、あなた自身が介護をされる側にならない予防をしよう、ということはできるよ

このページでは、普段から簡単に、家族やパートナーさんと一緒に、お手軽にできるお薦めな予防や対策を2つ、紹介していきます。

是非、チャレンジしてみて。

あなたや大切な家族、パートナーさんが介護を受けるような生活、老老介護に至るリスクを、できるだけ低減できるようになりますよ。

このページは、自宅で介護を受ける生活になったら~老夫婦が不仲にならないためにのページからの続きです。

まだ読まれていない方は、こちらも是非ご覧になってくださいね。

自宅で介護を受ける生活になったら~老夫婦が不仲にならないために

(紹介内容)

老老介護、もしもあなたが介護をされる側になったら?老老介護のリスク

老老介護の生活にならないために~介護に至る原因は?

老老介護の生活になりたくてなっている方はいないよね。

それでも気づいたらそんな生活になってしまう。

家庭の事情でそうなってしまった」という場合は、それぞれの家庭のことなので別問題。これは横に置いといて。

既に介護を受けるようになった方々が、なぜそうなったかという主な理由は、次の4つ。

関節疾患

骨折・転倒

高齢による衰弱

認知症や脳血管疾患(脳卒中)

ということを、将来、あなたに介護が必要になる原因は?~厚生労働省の統計からのページで紹介しています。

まだ読まれていない方は、是非ご覧になってくださいね。

将来、あなたに介護が必要になる原因は?~厚生労働省の統計から

(紹介内容)

介護が必要になった主な原因は?(厚生労働省の統計データより)

原因を踏まえて、介護を受けるようにならないための具体的対策は?

老老介護の生活にならないために~手軽に簡単にできる予防

上述の介護に至った主な理由のうち、骨折・転倒や高齢による衰弱については、そうならないように、普段の生活から手軽に予防、対策を考えることができます。

その方法の1つが、ロコモ度テスト。

ロコモ度テストは、

今のあなたのロコモ度をチェックするもの。

簡単に気軽に短時間でできるもの。

家族やパートナーさんと一緒に楽しくできるもの。セルフチェックできるもの。

今、こんな状態になったら要注意、これができないのはマズいよ、という目安になるもの。

「将来、介護を受けるリスクを少しでも低減できる生活」を考えるきっかけにできるもの。

等々

知ってみると、けっこう役に立ちそうじゃないですか?

詳しくは、介護を受けない未来のために~今すぐ楽しくできるロコモ度テストのページで紹介しています。

「テスト」という言葉が付いているけど、簡単に気軽に楽しくできるので、是非、家族や友達と一緒にチャレンジしてみて。

介護を受けない未来のために~今すぐ楽しくできるロコモ度テスト

(紹介内容)

ロコモって何?

ロコモ度テストって何?

家族や大切な人と楽しくロコモ度テストをしたら、介護にならない生活のきっかけにできるよ!

老老介護の生活にならないために~手軽に簡単にできる予防

上述の介護に至った主な理由のうち、特に骨折・転倒は、寝たきりや介護に至るきっかけになるもの。

要支援者や要介護者の認定に至るきっかけになるもの。

2点目は、普段の生活から自宅で骨折・転倒の予防対策をすることがお薦めです。

具体的には、

できるだけ床に物を置かないこと

日常生活でも邪魔にならない手すりを準備すること

これらは介護を受けるようにならない予防対策としてだけでなく、もしも介護を受けるようになっても、そのまま活用できる内容です。

具体的には、自宅で介護をする時に、少しでも楽に移乗介助(移動介助)をする時の事前準備のお薦めポイントと同じですよ。

詳しくは、介護 自宅で楽な移乗介助をするために~準備のポイント 特養との違いで紹介しています。

あわせてご覧になってくださいね。

介護 自宅で楽な移乗介助をするために~準備のポイント 特養との違い

(紹介内容)

自宅での移乗介助の仕方と注意点 / ポイント

自宅でより楽に移乗介助をするために~お薦めの準備~

さらに、これらは介護のために自宅のリフォームを考える時にも、経済的にもプラスになり得るものですよ。

例えば、こちらのページで紹介しています。

あわせて読みたい

まとめ

いかがでしたでしょうか。

自宅で老老介護となると、体力的にも精神的にもあまりの辛さに、家でやりきれないこともあります。

最終的にはニュース沙汰になってしまうことも。

そんな老老介護の生活になりたくないけど、今具体的に何をしたらいいのか解らない時には。

或いは、「 介護の予防になる何かを始めたいけど、ま、そのうち。」という時に。

こういった時に、既に介護に至った先人のデータをもとにして、具体的に気軽に簡単にできる予防、対策を2つ紹介しました。

どちらもあなたやパートナーさんがお互いに介護をする / されるという老老介護にならないために。

そんなきっかけの一つになり得るものです。

老老介護は、家族のお仕事や生活にも直接影響するから。

是非、紹介した内容を日常生活に取り入れて、介護に至らない生活へのチャレンジの一つに。

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます!

次のページへ>>身近な大切な人に介護が必要になったら~介護? or お仕事?~

-老老介護

error: Content is protected !!

© 2021 ぬいぐるみガーデン〜介護〜