老老介護

介護のために満足に仕事に行けないような時には誰に相談したら?

2019年12月3日


離れて住んでいるあなたの両親や大切な人に介護が必要になった。

同居している家族や大切な人に介護が必要になった。

或いは、もうすぐそんな生活状況になりそう。

そんなあなたは今、老老介護や介護と仕事について、こんな思い / 悩みはありませんか?

家族の介護も仕事もしています。満足に仕事に行けない・・どうにか状況を変えたい・・誰に相談したら?

介護と仕事を両立したいけど自信ない・・どうしたら?

等々。

大切な人の介護が自分の仕事に少なからず影響している方、いらっしゃいますよね。

仕事だけでなく、「 私の生活全般に影響しているよ」という方も。

親や連れ添ってきたパートナーさんなど大切な人の介護なので、出来る事ならできるだけ関与したい。

といいつつ、お仕事も大切にしたい。

「介護+お仕事」の大変な毎日の状況を、少しでも改善したい。

「介護=悪」ではないけど、介護の負担が過剰にあなたの機会や時間の損失の原因になっている状況なら、改善を目指そう!ということ。

このページでは、「 そんな状況を変えたい時には、どうしたら?誰に相談したら?」について、紹介していきます。

あなたの普段の介護の生活状況 / 現状の改善につながるきっかけになるよ

このページは、身近な大切な人に介護が必要になったら~介護? or お仕事?~のページからの続きです。

こちらもあわせてご覧になってくださいね。

身近な大切な人に介護が必要になったら~介護? or お仕事?

(紹介内容)

介護が始まる / 必要になる年齢はどのくらいから?

離れた所に住んでいる / 同居している両親やパートナーなど大切な人に、介護が必要になりました。

私は、仕事続けられる?辞めて介護をした方がいいのかな?

介護のため満足に仕事に行けない時に誰に相談したら?

あなたが家族や大切な人の介護をしていて、そのために満足に仕事に行けないような時。

そんな時、誰かに相談して改善を目指すなら、

今勤めている企業・団体に相談する ⇒ お薦めではないよ

居住地域の地域包括支援センター等の公的機関、近所のデイサービスや訪問介護等を手掛ける民間企業に相談する ⇒ お薦め

公的機関や近所の介護サービスを提供している民間企業に相談する。まずはこれがお薦めです。

今働いている企業・団体に相談したらいいんじゃない?時短勤務とか。」と思う方もいらっしゃるでしょうか。

ありですが、最初にここからいくことは、お薦めではないよ。

なぜなら、「 家族の介護があるから早めに帰ります。遅めに出勤します。」と言うと、あなたが気を遣う、周りも気を遣うことになるから。

或いは、初めのうちは周りから暖かい目があったとしても、徐々にでも良くない目で見られるから。

人それぞれいろんな生活状況があるよね。

多様性のある働き方を認めよう!これからは多様性や持続性が大切だよね!

介護大変だよね。私は理解しているよ!

なんて言うのは、自分にしわ寄せや火の粉が降ってこない時に言える言葉。総論賛成、各論反対、と同じ。

自分自身が同じ状況に置かれない限り、どんな事も全て他人事。

大変だな~」と思っても、自分と違う状況を実感として理解できることは、そうそうないよね。

自分自身も家族や大切な人の介護のために、仕事との両立に思い悩んだことがある人、模索したことがある人。

或いは、「 今がそんな状況です」という人だけが、実感として理解してくれる。

人間らしいといえば人間らしいことだよね

良い悪いじゃなくて、名刺上の付き合いなんてそんなものだよ。

逆にそうじゃなくて、実感として理解してくれる人がいたら、そういう人こそ大切にしよう、ということだね

あなたが「 介護をしていて満足に仕事に行けない、誰かに相談したい・・」と思い悩んでいたら。

働いている所にいきなり相談ではなく、最初は、近所の介護サービスを提供している民間企業、或いは、公的機関に行って相談すること。このチャレンジをしよう!

民間企業と公的機関、どっちがいいかな?

最初は公的機関。その後に民間企業にも行ってみてはどうかな

介護のために満足に仕事に行けないような時の公的相談先は?

最初に相談に行く公的機関。これは、なんだかんだいっても、地域包括支援センターが最適です。

地域包括支援センター。

2005年から全国各地に設置され始めた公的機関です。

今でこそ全国各地に設置されています。と言っても、そもそも歴史が浅め。

身近に介護を受けているような人がいないよという方にとっては、「 地域包括支援センター?具体的に何をしてくれるの?」という方、実は少なくないのではないでしょうか。

或いは、市区町村の役所に行ってみる。これもOK。

ただ、市区町村の役所で地域包括支援センターを紹介されることもあるよ。

まとめ

あなたが大切な人の介護をしていて、そのために満足に仕事に行けないような時。

介護が過剰にあなたの機会や時間の損失の原因になっているような時。

「介護=悪」じゃない。それでも、少しでもあなたの生活の改善を目指すなら。時間を融通させるには。

最初にすることは、地域包括支援センターや市区町村の役所、或いは、近所の民間介護サービス事業者に相談に行ってみる。

最初のこのちょっとしたチャレンジが、あなたの介護の生活状況 / 現状の改善につながるよ。

最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます!

次は、このページで相談先の1つとして挙げた、地域包括支援センターを活用することについて、紹介していきます。

次のページへ>>>自宅で過ごす介護生活の現状改善の相談先に~地域包括支援センター

また、誰かに相談する前に、「 自力で改善を目指したい」という時には、お薦め方法がいくつかあるよ、ということを、のページでまとめています。

こちらもあわせてご覧になってくださいね。

-老老介護

error: Content is protected !!

© 2022 ぬいぐるみガーデン〜介護〜