介護の仕事を選択

日本の介護職員の数は?

2021年8月15日

これから介護の仕事を始めようかなと思っているあなた。

まあ、やってみてもいいかな、と思っているあなた。

新しくなにかを始めようという時には、いろんな不安や悩みが出てきますよね。

例えば、

ひとまず介護の仕事を始めてみたら、人手不足で休めなくなるんじゃないかな?

といった不安。介護、慢性的に人手不足ですから、こんな不安もありますよね。

とはいえ、それぞれの介護現場、職場で違うので一概にひとくくりでは言えないもの。

それでも、

介護、慢性的に人手不足なんて聞くけど、そもそもどのくらい足りてないの?

ということをあらかじめ知識として持っておくと、いろんなことを考える時や話す時に、何かと役にたつものです。

このページでは、「 日本では介護職員、どれくらい人手が足りてないの?」、「 将来の予想はどうなっているの?」ということを紹介していきます。

日本の介護職員の総数

過去20年間の介護職員の総数の推移は、下記のとおりです。働いている所の形態別の内訳も含めています。、

(万人)2000年2009年2019年
総合事業14.5
訪問系18.042.354.0
通所系4.819.034.6
入所系32.172.499.9
小規模多機能型等2.77.5
合計54.9136.4210.6

(内訳の詳細)

総合事業:訪問型サービス、通所型サービスなど

訪問系:訪問介護、訪問入浴介護など

通所系:通所介護、通所リハビリテーションなど

入所系:特別養護老人ホーム、介護老人保健施設など

小規模多機能型(小規模多機能型居宅介護など)

引用元:第8期介護保険事業計画に基づく介護職員の必要数について, 厚生労働省, 2021年(令和3年)7月9日

これをみると、介護職員数全体では、着々と増えていっていますよね。

このデータだけみると、

介護現場は3k(きつい、汚い、危険)なんて言われているのに、介護職員が増えているの、意外です。

増えてるから、特に問題ないんじゃないの?」

という気がするでしょうか。

介護現場は3k?」については別の機会にとして、実は、介護職員数は増えています。

一方で、同じように、要介護(支援)認定者数も増えていて、介護職員数の約3倍と、大きく上回っています。

要介護(支援)認定者数については、介護を受けるリスクはどのくらい?~日本の高齢化の人口割合等のデータからのページで紹介しています。

あわせてご覧になってくださいね。

介護を受けるリスクはどのくらい?~日本の高齢化の人口割合等のデータから

(紹介内容)

高齢者人口と高齢者が総人口に占める割合

要介護(要支援)の認定者数とその割合

介護が必要になるかもしれない可能性 / リスクはどのくらい?

今後の必要な介護職員の数

次は、介護職員数が把握できたところで、「 実際にはどのくらい不足しているの?」について紹介していきます。

(万人)必要な職員数不足する職員数
2019年度211
2023年度23322万人不足
2025年度24332万人不足
2040年度28069万人不足

(必要数の算出方法)

介護職員の必要数:介護保険給付の対象となる介護サービス事務所、介護保険に従事する介護職員の必要数に、介護予防・日常生活支援総合事業のうち、従前の介護予防訪問介護等に相当するサービスに従事する介護職員の必要数を加えたもの。

第8期介護保険事業計画に基づく介護職員の必要数について, 厚生労働省, 2021年(令和3年)7月9日

結構不足しているじゃん。
しかも、年々不足数が増えていく見込みって、どうよ?

ということで、介護職員の処遇改善を。
1.介護職員の処遇改善
2.多様な人材の確保・育成、
3.離職防止・定着促進・生産性向上
4.介護職の魅力向上
5.外国人材の受け入れ環境整備など総合的な介護人材確保対策に取り組む。

至極ごもっともな一般論だね
反論はないよ、具体論もないけどね

こう思うを述べる

まとめ

いかがでしたでしょうか。

介護職員の総数とその推移、および、どのくらいの介護職員が不足しているのかのデータを紹介しました。

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

各サイトの登録者数から全体の何割が登録しているかがわかる

-介護の仕事を選択

error: Content is protected !!

© 2021 ぬいぐるみガーデン〜介護〜