介助の方法

介護 食事介助をされることと利用者の尊厳のある暮らし

2019年6月30日


あなたは、食事介助をされる利用者さんの心境を実感したことはありますか?

ご自宅、或いは、特別養護老人ホーム(特養)のような介護施設などで介護にチャレンジし始めたばかりのあなた。

或いは、これから介護にチャレンジしようというあなた。

毎日の食事介助がスムーズに進まないことや嫌がられること、ありませんか?

介護 食事介助で利用者が食べない、口を開けない時の対処法で紹介しましたとおり、利用者さんがなぜか食べない、口を開けない/開けてくれないことは介護現場のあるあるの1つですよね。

[jin_icon_arrowcircle size="15px" color="#24b500"] 食事介助で利用者が食べない、口を開けない時はどうしたら?

https://kaigo-nuigurumi-garden.com/care-action/action/shokuji-meal-assistance4_atab

この時、「[jin_icon_question size="15px" color="#24b500"] なぜ口を開けてくれないのかな?」と思いますよね。

さらには、利用者さんを責める気持ちになったりすることも。

[chat face="c777d5e47df991890f44ef1633173bd8.png" align="right" border="none" bg="red" style="maru"]あるある。この時の利用者さんの心境って、どんなものなんだろうね?[/chat]

利用者さんにとって、そもそも「食事介助をされる」ということはどんなもの?

介護をする健常者のあなたが、利用者さんの心境を知る/実感するためには?

実際にその立場(介護される側)になることはすぐには出来ないので、実際に食事介助をされる疑似体験をしてみる

これが実感するための近道じゃない?やっぱり自分自身が同じ状況にならないと実感として解らないから。

疑似体験をとおして、介護をしているあなたが「食事介助をされる」ことを実感として知る/考えてみる。

この体験は、普段のあなたの食事介助が、「もっと当たり前に」少しでも楽に、スムーズになる、そんなきっかけにできますよ。

そうは言っても、「[jin_icon_comment size="15px" color="#24b500"] 食事介助をされる疑似体験、すぐには出来ないよ。」という方のために。

このページでは、少しでも実感として解ってもらえるよう、少しでも食事介助が楽に出来るよう、

[jin_icon_arrowcircle size="15px" color="#24b500"] 食事介助をされるということ

[jin_icon_arrowcircle size="15px" color="#24b500"] 食事介助をされる時の利用者さんの心境

[jin_icon_arrowcircle size="15px" color="#24b500"] 介護における尊厳とは、利用者さんの尊厳のある暮らし、尊厳の意味

について、紹介していきます。

これから先、あなたの普段の介護生活を、「もっと当たり前に」少しでも楽に、楽しく過ごせるように、そんなきっかけに。

[jin_icon_bulb size="15px" color="#24b500"] このページでは、介護を受ける方を「利用者さん」と表現していますが、ご自宅で介護をされている場合は、例えば、「ご家族の方」のように読み替えてください。
[the_ad id="2780"][the_ad id="2783"]

食事介助をされるということ~自由の見方から~

食事介助をされる体験。

「[jin_icon_comment size="15px" color="#24b500"] ちょっとやってみようかな~」と好き好んでやってみようという方は、そういらっしゃらないかな。

食事介助をされる経験/体験をしたことがないから、食事介助をされることがどのようなことか、今ひとつよく解らない。
至極当然の思いですよね。

食事介助をされるということは、まずはこんなかんじ。

[box04 title="食事介助をされるとは"]

  1. 食べたいタイミング、食べたいメニューを、自由に決定出来ない。
  2. 決められたメニューからも、食べたいタイミングで食べたい一品を自由に選んで食べることが出来ない。
  3. 毎食毎食、介護をしてくれる介護職員/家族の方等に、すぐ横から、食べる様子を見つめられている。

[/box04]
この時の心境、具体的に想像できますか?

食べたいタイミング、メニューを自由に決定できない

あなたは今、とあるカフェで寛ぎながら、この「[jin_icon_website size="15px" color="#24b500"] ぬいぐるみガーデン~介護~」の記事を読んでいらっしゃいますか?

そうでしたら、お店に入ってあなたが選んだ、例えばレモンティーとショートケーキが目の前にありますか?

或いは、これからカフェに行って、「[jin_icon_comment size="15px" color="#24b500"] レモンティー飲みながら、お気に入りの本を読もうかな、「[jin_icon_website size="15px" color="#24b500"] ぬいぐるみガーデン~介護~」をみようかな。」という愉快な状況でしょうか?

一方で、「食事介助をされる」状況では、食べたいタイミングで食べたいと思ったもの、例えばレモンティーやショートケーキは、その時、あなたの目の前には出てきません。

パッ、と消えます。

なぜなら、誰かに食べさせてもらうのですから。

今、健常者のあなたが日々当たり前のようにしているであろう、

[jin_icon_comment size="15px" color="#24b500"] 今日は何を食べようかな

[jin_icon_comment size="15px" color="#24b500"] ちょっとケーキ食べたいから今から買って食べようかな、帰ろうかな

[jin_icon_comment size="15px" color="#24b500"] ちょっとテイクアウトのコーヒー買おうかな

なんて自由意思を叶えることは、相当ハードルが高いよ。

[chat face="c777d5e47df991890f44ef1633173bd8.png" align="right" border="none" bg="red" style="maru"]介護施設ならそうかもしれないけど、自宅ならそうでもないんじゃないの?[/chat]
[chat face="cd70908dfcc095eb6f1582a88fbbadc8.png" align="left" border="none" bg="gray" style="maru"]介護施設と比べたら、ちょっとは自由度が増えるかも?という程度だね。[/chat]

ご自宅でも、食べさせてもらうことには変わりません。ということは、タイミングは制限されるよね。

メニューも、食事介助のしやすさ/しにくさ、さらには介護する人の手間というものもあります。

ですから、ご自宅であっても、食べたいタイミング、食べたいメニューへの自由意思は、制限されてしまう。残念!

決められたメニューからも、食べたいタイミングで食べたい一品を自由に選択できない

目の前には、食べたいメニューではなく、決められたメニューが並ぶ。

それだけじゃなくて、配膳をみて、食べたいタイミングで食べたい一品を食べることも出来ない。

具体的には、食事介助をする方が「[jin_icon_comment size="15px" color="#24b500"] 次はこれかな」と思った一品が、食事介助をする方のタイミング次第で、あなたの口元にズイッとやってくる。

もちろん、食事介助をする方も、口の動きなどタイミングや一口の量の調整をしてはいますが。

[chat face="c777d5e47df991890f44ef1633173bd8.png" align="right" border="none" bg="red" style="maru"]ゆで卵で口の中がパッサパサなのに、次は焼き芋ですかッ!? みたいな。[/chat]

毎食毎食、介護をしてくれる介護職員/ご家族の方等に、見つめられる

食事介助をされるということは、毎食毎食、介護をしてくれる介護職員/ご家族の方等に、すぐ横から、食べる様子を見つめられている。

[chat face="c777d5e47df991890f44ef1633173bd8.png" align="right" border="none" bg="red" style="maru"]毎回そんなに見つめられたら、照れちゃうね。[/chat]
[chat face="cd70908dfcc095eb6f1582a88fbbadc8.png" align="left" border="none" bg="gray" style="maru"]とか言ってる場合じゃなくて、これ、結構な圧迫感と恥ずかしさがあるものだよ。[/chat]

あなたでしたら、この状況はいかがでしょうか?

食事介助をされるということ~心情面から~

食事介助をされるということは、食べさせてもらわないと食べることができない、ということ。

この時の利用者さんの心情って、どんなものでしょう?

  1. まずは、口を「あ~ん」と開けて見せることから。
  2. 口元に食べ物が来るのをじっと待ち、きたらパクっと食べる。
  3. まだ食べている途中でも構わずに次々に口元にくる。時にはちょっと待ってもらって、口元にきたらまたパクっと。

いい大人が、毎食毎食この繰り返し。

この時の利用者さんの心情は、

[jin_icon_check_circle size="15px" color="#24b500"] 羞恥心

[jin_icon_check_circle size="15px" color="#24b500"] 自分への歯がゆさ、情けなさ、自尊心の崩れ

[jin_icon_check_circle size="15px" color="#24b500"] 介助してくれる人への申し訳なさと感謝

等が入り混じった、一言では言い表せない、何とも表現できない心情。

[chat face="cd70908dfcc095eb6f1582a88fbbadc8.png" align="left" border="none" bg="gray" style="maru"]特養で利用者さんに教えてもらったところでは、特に2番目の「[jin_icon_check_circle size="15px" color="#24b500"] 自分への歯がゆさ、情けなさ、自尊心の崩れ」という気持ちが大きいみたい。[/chat]
さらに、食事介助中に声かけや会話がなかったり少なかったりすると、機械的に食べさせられているような心情になるとか。

これ、しばらくしたら恐怖心にもなるよ。

食事介助と尊厳のある暮らし

これまで紹介しました内容を踏まえると、利用者さんにとって、「食事介助をされる」ということは、

[jin_icon_arrowcircle size="16px" color="#24b500"] 食事をする時の自由が制限される。

[jin_icon_arrowcircle size="16px" color="#24b500"] 「羞恥心」+「自分への歯がゆさ、情けなさ、自尊心の崩れ」+「介助してくれる人への申し訳なさと感謝」等が入り混じった、一言では言い表せない何ともいえない心情がある。時には恐怖心も。

[chat face="c777d5e47df991890f44ef1633173bd8.png" align="right" border="none" bg="red" style="maru"]・・・なんともいえない状況だね。[/chat]
[chat face="cd70908dfcc095eb6f1582a88fbbadc8.png" align="left" border="none" bg="gray" style="maru"]この時の大切なポイントは、利用者さんにとって、できるだけ尊厳のある暮らしを保つようにすることだよね。[/chat]

ということで、少しでも楽に楽しく利用者さんに尊厳のある暮らしを送ってもらうためには、

[jin_icon_check_circle size="16px" color="#24b500"] 可能な限り、利用者さんの自由意思の尊重。

[jin_icon_check_circle size="16px" color="#24b500"] 可能な限り、利用者さんの生活やプライバシーの尊重。

ということを意識して考えてみるといいよ。

[chat face="c777d5e47df991890f44ef1633173bd8.png" align="right" border="none" bg="red" style="maru"]尊厳のある暮らしを送ってもらうためには、食事介助の時には、具体的にはどうしたらいいの?[/chat]
[chat face="cd70908dfcc095eb6f1582a88fbbadc8.png" align="left" border="none" bg="gray" style="maru"]できるだけ利用者さんのペースに合わせることと、食事介助中の声かけ/会話の2つかな。といっても、これが結構難しいのよね。[/chat]

食事介助と利用者さんの尊厳のある暮らしについては、別の機会にも触れていきたいと思います。
[the_ad id="2780"][the_ad id="2783"]

最後に

いかがでしたでしょうか。

「食事介助をされる」ということ、その時の利用者さんの心境、利用者さんの尊厳のある暮らしについて、紹介しました。

[chat face="cd70908dfcc095eb6f1582a88fbbadc8.png" align="left" border="none" bg="gray" style="maru"]「食事介助をされるお試し体験」をしてみたら、利用者さんの心情をちょっとだけでも実体験できるよ。[/chat]
[chat face="c777d5e47df991890f44ef1633173bd8.png" align="right" border="none" bg="red" style="maru"]結構刺激的な体験になりそう。相手の心情を察して自分の行動を考える。かっこいいね。[/chat]

折角日々大変な介護をしているのでしたら、できるだけ楽に、ストレスを少なくしてスムーズに楽しく介護生活を送りたいですよね。

これから先、あなたが普段の介護生活を「もっと当たり前に」少しでも楽に、楽しく過ごせるように、そんなきっかけやお力に。

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます!

他にも食事介助に関する、よくある思い/悩みも紹介しています。
[box06 title="あわせて読みたい"]
以下の文字リンクを押下すると、それぞれを紹介しているページに移動できますよ。

[jin_icon_question size="15px" color="#24b500"] 食事介助って、ただ食べてもらうだけじゃない?何か特別な準備が必要なの?

[jin_icon_question size="15px" color="#24b500"] 食事介助の仕方や注意点/ポイントはあるの?

[jin_icon_comment size="15px" color="#24b500"] そもそも食事介助の声かけの仕方がわからない

[jin_icon_comment size="15px" color="#24b500"] 利用者さんがなぜか食べない、口を開けない/口を開けてくれない

[jin_icon_comment size="15px" color="#24b500"] 時間ばかりかかって全く進まない

[jin_icon_question size="15px" color="#24b500"] 毎日のしんどい介護生活、少しでも楽に楽しく過ごしたい。そんなきっかけになる、食事で何か良い気分転換できる方法はないかな?

[jin_icon_question size="15px" color="#24b500"] 介護食ってどんな食事?普通食とどう違うの?

[jin_icon_question size="15px" color="#24b500"] 介護食専門の宅配サービスって、あるの?どんなもの?家族も一緒に食事できる?

[jin_icon_question size="15px" color="#24b500"] 普通食の宅配サービスも介護の食事に活用できるの?家族も一緒に食事できる?
[/box06]

[chat face="c777d5e47df991890f44ef1633173bd8.png" align="right" border="none" bg="red" style="maru"]毎日の食事介助、大変で悩むことも沢山あるよね、[/chat]
[chat face="cd70908dfcc095eb6f1582a88fbbadc8.png" align="left" border="none" bg="gray" style="maru"]そんな時には、是非上記を読んでみて。[/chat]

[the_ad id="4349"][the_ad id="4350"][the_ad id="4356"]

-介助の方法
-

error: Content is protected !!

© 2021 ぬいぐるみガーデン〜介護〜