介助の方法

自宅で辛い介護を受ける人とちょっと外出する時の悩みと解消方法

2019年8月20日


自宅で介護生活にチャレンジしているあなた。

介護を受けている大切な人と一緒に生活しているあなた。

たまには介護を受けている大切な人と一緒にお出かけしたい、外でゆっくり息抜きがしたい」と思うことはありませんか?

そう何度もある機会じゃないし、できる時にしておきたい、という思いもあるでしょうか。

そう思っても、一緒に出かけるの、なかなか難しくない?

介護を受けている大切な人と一緒にお出かけしようと思うと、例えば、こんな悩み/思いが出てきますよね。

心情面:外で介助していたら、周りから変な目で見られるかも・・周りに迷惑をかけてしまうかも・・

準備:一緒に出かけるとなると、準備が手間そうだし、一緒に出掛けて介助するのもしんどそう・・

お手軽にちょっと出かけるくらいの良い外出先を見つけるには?

お手軽にちょっと出かける時に、準備も食べる時も手軽にできる良いメニューはあるの?

わざわざ出かけると足が痛くなるんじゃない?良い歩行支援器具や靴などはあるの?

介護を受けている大切な人と手間をかけて一緒に外出って・・そもそもどんなメリットがあるの?

介護を受ける大切な人と一緒に外出できない時にはどうしたら?

いろいろな悩みが次々と出てきて、難しいですよね。

私が働いていた特別養護老人ホーム(特養)でも、「 自宅で介護を受けていた頃、家族や親しい人と一緒に出かけたかったけど、出かけることはあんまりなかったよ」というコメントをよく聞きました。

介護を受けていたりすると、上述のように、気持ち的に出かけにくいこともありますよね。

それでも、一緒に出かけられる状況なら。出かけないのは、得られるメリットをみすみす逃していて、もったいないですよ。

このページでは、一つ目の不安、心情的に出かけにくい、そんな悩みを解消できれば、ということを紹介していきます。

なにかと暗い話題が流行りがちな普段の在宅介護生活を打破できるきっかけになりますよ。

心情的に一緒に外出するのをためらう?その解消法は?

介護を受けている家族や大切な人と一緒に、ちょっとでも出かけてみては?」と聞いたら。

一緒に外出!?馬鹿言ってんじゃないよ、そんなの無理無理」と思う方もいらっしゃるでしょうか。

あなたはいかがでしょうか。

例えば、近所のカフェに行くようなちょっとした外出でも、「 無理無理」と思う心情的な理由は、大まかにこんなところでしょうか。

あなたと介護を受けている人の共通した思い/悩み

外出して、周りから奇異の目で、嫌な目で、見られるのが嫌、辛い

外出先で介助して、周りに迷惑をかけるのが嫌、心苦しい

あなたの思い/悩み

介護を受けている人と一緒に外出するのは、準備も、外でも、肉体的にも辛いししんどい、無理

介護を受けている方の思い/悩み

介護を受けているところを、誰かに見られたくない

そうだね。外出をためらう心情的なハードルは、そんなところじゃないかな

どれもごもっともな思いだよね

外で介護している場面、介護されている場面を変な目でジロジロ見られたら辛いですよね。

どれも至極ごもっともな思い/悩みなんだけど、これらは一旦横に置いて、ひとまず、一緒にお出掛けしてみる。

そうすると、これから先、介護をしているあなたも介護を受けている大切な人も、今よりも介護生活に前向きにチャレンジできるようになる、そんなきっかけになるよ。

そのくらい、一緒にふらっとお手軽にお出かけして過ごすメリットは大きいので。

ここからは、一緒にお出掛けする時の悩み/思いを、こんな感じで吹き飛ばそう!ということを紹介していきます。

介護をしているあなたと受けている方の共通の思い/悩み

介護をしているあなたと介護をされている家族や大切の人の共通した思い/悩み。

まず、外出して、周りから奇異の目で、嫌な目で、見られるのが嫌、辛いという悩みから。

私もそうでしたからよく解ります。

実際、介護を受けている方々はたくさんいますよね。具体的には、2019年3月末時点で、658万人が要支援・要介護認定を受けています。(厚生労働省の統計データより

それでも、町中でカフェタイム を過ごしながら介護を受けている人、あんまり見かけないよね。

レストランやカフェなどで食事介助をされている人、見かけることはありますか?

たまーに見かけることはあっても、ほとんど見かけないのではないでしょうか。

そういうこともあって、いざ自分が当事者になると、「 ちょっと出かけにくい・・」という思いもわかりますが。

介護をしている/受けているあなた方が思うほど、周りの人は、あなた方を良くも悪くも特段気にしてないよ。

周りの人は、初見は、「 あら!?」と思う。物珍しく見てくる。最初だけね。

そのうち、そんなことはすっかり忘れ去ってしまいます。

それなのに、介護をしている/受けているあなた方が周りの目を気にしすぎて、一緒にふらっとお手軽にお出かけして過ごすメリットをみすみす放棄したら。

それは、介護をしている/受けているあなた方にとって、その時点でも今後の介護生活でも、計り知れないデメリットです。

他人の視線を気にしすぎている場合ではありませんよ。

なに言ってんの!介護を受けている人にとっての、尊厳のある暮らしやプライバシーはどうなるの!?」という意見もあるでしょうか。

確かに、排泄介助や入浴介助等のシチュエーションだったら、それもわかります。

ですが、お茶/お菓子ブレイク(カフェタイム )のための、ちょっとしたお出かけです。

道行く時にすれ違う、たかが数十人や数百人に、例えば、

車椅子で移動している時の介護の場面

お店や公園などで食事介助をしている場面

を目撃されるだけ。

あなたや介護を受けているご家族、大切な人の尊厳や尊厳のある暮らしが粉々に打ち砕かれる、プライバシーが丸裸にされるなんてことは、そうそうないんじゃない?

もちろん、介護をしているあなたや介護を受けている大切な人の考え方次第。「絶対に外出してカフェタイムを過ごして!」ではないよ

それでも、「 周りから奇異の目で、嫌な目で、見られるのが嫌、辛い」と悶々としなくてもいいんじゃない?、ということだね

次に、外出先で介助をして、周りに迷惑をかけるのが嫌、心苦しいという悩み/思いについて。

私もそうでしたからよく解ります。

これは、介護をしているあなたや介護を受けている方の主観なので、そう思われていたら、簡単にどうこうできるものではないよね。

ですが、例えば、毎日同じ方に30分以上、しっかりと何かしらの迷惑をかけている等でなければ、そこまで「 迷惑ばっかりかけてんじゃねーよ!」

と思われていることは、そうそうないのでは?

もちろん、迷惑をかけてしまった、と思ったら、一言お詫びすることは大切です

「周りに迷惑がかかるのが嫌、心苦しい」についても、悶々としなくてもいいんじゃない?、ということだね

介護をしているあなたの思い/悩みは?

介護をしているあなたが、自宅で介護を受けている家族や大切な人と一緒に出掛けることを躊躇う思い/悩み。

介護を受けている人と一緒に外出するのは、肉体的に辛いししんどい、無理、という思い/悩みについて。

介護をしているあなたにとっては、当然の思い/悩みだよね。

息抜きのために外出しているはずが、外出先でも介助となると、確かに体力が必要です。

こればっかりは、あなたが元気な時に一緒にお出かけしてカフェタイムを過ごすことがお薦めです。

介護生活では、無理は禁物です。

無理を抱え込んでしまうと、追い詰められてしまうよね。

無理をすると、出来るだけ楽に、愉快に楽しく介護生活を送ろう、という考え方から、程遠くなってしまいます。

ちょっとしんどい・・それでも、介護を受けている大切な人には、少しでも楽しんでほしい・・明るく過ごしてほしい・・」という時には。

おすすめな解決方法は、2つありますよ。

1つは、自宅でお手軽にカフェタイムを過ごすこと。

あわせて読みたい

1つは、クラウドケアのサービスを活用すること。

あわせて読みたい

クラウドケアというのは、介護保険では対応できない家事・生活支援内容までサービスしてくれる、介護保険外(自費)の訪問介護サービスです。

あなたの普段の介護生活の負担を軽減し得るサービスの一つです。

自費の介護サービス?高いんじゃない?」と思ったあなた。

クラウドケアは、基本料金2,500円から利用できるサービスです。

詳しくは、上述の(あわせて読みたい)の文字リンクをクリックすると、紹介しているページに移動できます。あわせてご覧になってくださいね。

介護を受けている方の思い/悩みは?

介護を受けている方が出掛けることを躊躇う思い/悩み。

介護を受けていることを、公に見られたくないについて。

こればっかりは、上記のように「外出先であなたを気にしている方はほぼいないよ」と言っても、なかなかねぇ・・。

そうよね。本人の考え方だからねぇ。無理強いはできないよね

そんな、心情的にちょっとの外出でも「 どうしても無理」という時には、自宅でやっていきましょ!

こちらで紹介していますので、あわせてご覧になってくださいね。

あわせて読みたい

周りの人に迷惑をかけるかもという不安

外出時に周りの人に迷惑をかけずにスムーズに介助できるか不安

これも心配ですよね。

例えば、

歩くのが遅かったり補助具を使っているから、歩行の迷惑になるかも・・

途中で排泄介助が必要になったら、匂いが・・

等々、心配になりますよね。

そんな時には、備えあれば憂いなし、こんな準備をしておくといいよ、ということを、介護を受ける大切な人と一緒に息抜き方法~外出の準備とハードルのページで紹介しています。

こちらもあわせてご覧になってくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

自宅で介護をしているあなたと介護を受けている家族や大切な人が、一緒にちょっとお出かけしてお茶/お菓子ブレイク(カフェタイム )を過ごす。

そんな時の、お出かけしたくなる、お出かけしてもいいんじゃないという考え方について、紹介しました。

考え方は人それぞれだから無理強いはできないよね。

それでも、沢山一緒にお出掛けして、それがきっかけで毎日の介護生活が少しでも楽に、前向きになるといいね


そんなきっかけになると嬉しいね

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます!

次のページへ>>>介護を受ける大切な人と息抜き方法~お手軽な外出先とメニュー

-介助の方法
-,

error: Content is protected !!

© 2022 ぬいぐるみガーデン〜介護〜